忍者ブログ
一般財団法人北海道河川財団会長 北海道大学名誉教授(15代総長・放送大学名誉教授(5代学長))
Calendar
<< 2020/07 >>
SMTWTFS
1 234
5678 91011
12131415 161718
19202122 232425
26272829 3031
Recent Entry
Recent Comment
Category
141   139   138   137   136   135   134   133  

2020.04.15



北海道河川財団会長として働いています。



丹保憲仁



 北海道立総合研究機構の理事長を3年前に退任し、以前より就任していた、北海道河川財団会長を続け、週3(月曜ー水曜)、札幌駅北口の100mほど北にある、伊藤110ビル9F(北洋銀行北7条支店の最上階)の河川財団の会長室で、国土交通省、北海道開発局の河川系のOBである、後輩の皆さんたちと働いています。足が弱くなって不自由はないのですが念のために、杖をついての3本足の爺さんです。北大に車を置いて、1,300歩、歩いての通勤です。老人のプリウスによる交通事故が世の問題になっていますが、小生もプリウスでの出勤で、決まった道を決まった時間に最大限の注意で運転しています。10年以上の無事故無違反ですが、少心、小心で姿勢を正して走っています。



長い間、水環境工学、都市水工学の専門で教育研究に働いてきましたが、北大の大学院までの専攻であった、河川工学の分野に立ち返って久方ぶりで、河川水利、災害、ダムなどの勉強をしています。



北海道大学時代のほぼ半世紀にわたる、専門の一番狭い最専門分野の、水処理工学に関する研究業績をまとめて、水処理工学の基礎(上・下巻)1,200頁を、小笠原君(元北海道環境衛生部長、公営企業管理者)と共著で日本水道新聞社から平成28-29年に上梓することが出来て、北大工学部丹保研の職員、院生、研究生などの労苦をまとめて公にすることが出来ました。



今、その中のエッセンスをまとめて、Physical and Chemical Separation in Water and Wastewater Treatment (800page) を丹保が第2代会長を務めた国際水協会(International Water AssociationIWA)の出版部門(Publication office: London)。から5月に出版しようと最終校正中で苦戦しています。小笠原紘一君との共同作業です。英語の研究論文はたくさん書いてきましたが、800ページもの大冊を英語で書き通すのは、初めての経験で基基礎語学力に関わるnative speaker でない困難を克服しきれないで、ロンドンの編集者に面倒をかけています。



この3月で、87歳になりました。すべてがゆっくりとしか進まないこの年で、専門の学問の仕事はこれで終わりになるでしょう。もう新しいアイデアが出せなくなっていますが、本を書いているうちに、是まで気付かなかった新しい大きな知見を2つ三つ見つけました。本を書くのも創造であることを知って嬉しいことでした。一緒に研究をして呉れたたくさんの仲間に最後の返礼が出来そうでほっとしています。



気分はよくありませんが、新型コロナウイルスの足止めには影響されずに働けることを有難く思っています。

PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新TB
プロフィール
HN:
丹保憲仁
年齢:
87
性別:
男性
誕生日:
1933/03/10
趣味:
カメラ
自己紹介:
・主な経歴
 水の安全保障戦略機構議長
 日本水フォーラム副会長
 北海道大学名誉教授(第15代総長)
 放送大学名誉教授(第5代学長)
 第89代土木学会会長
 第2代国際水協会会長
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by [PR]
/ 忍者ブログ